So-net無料ブログ作成

ONE PIECE&鬼平犯科帳/海賊&盗賊【仁義を貫く共通項】 [ワンピース]

今週ジャンプのONE PIECE第622話。
コミック派への配慮のために、
サブタイトルもキャラ名も伏せておきますが、
それでもあえて言いたい事があってキーを叩いてます。

とあるキャラの台詞、

“追ってくる者達とは戦い奪うが、最後の一線を守れ”
“おれたちは誰も殺さない!!!”

まるで鬼平犯科帳に数多く登場する心ある盗賊みたい!

金を奪う以上の事はせず、一切の危害を加えない。
そのルールを破る者がいた場合には身内でも厳罰に処す。
実在した海賊、バーソロミュー・ロバーツなんかも、

・子供や女性を乱暴目的で船に乗せたら、死刑
仲間内で金品を窃盗横領した者は孤島置き去りの刑。

徹底してますよねぇ。
この辺りも、まさに鬼平犯科帳に登場する、
いわゆる悪党ではない盗賊に通じるのだよね。

ちなみに今までの物語を振り返っても、
ONE PIECEに登場する「筋を通す」海賊や一般人の多い事ったら。

“仁義を欠いちゃあ、人の世は渡っていけねェんだと、
 ティーチのバカに教えてやるのが、おれの責任だろうがよ”

“力に屈したら、男に生まれた意味がねェだろう
 おれは人生にくいを残さない。わかったかバカ”

”あなた達の生きる未来を!! 私たちが諦めるわけには行かないっ”

これもきっと、
創造主@尾田栄一郎さんの持つ「仁義」が為せるワザかと。

そしてマンガの中でも実際、
壮大な物語中には過去に登場した場面の回想が数多いのだけど、
1コマ1コマを昔のコピペでなく毎回描き下ろしておられると。

こういう「こだわり=自分に課したルール設定」
なにも漫画家さんに限らず、どんな仕事や立場であっても、

譲れない一線を護る

という事は、必要だと思うんですよね。人としてさ。

ONE PIECEが世代を超越して愛される理由。
子供が読んでも、全部意味がわからなくても、
どこか心揺さぶられる「生き方」が詰まってるんですよねぇ。

こうした名言を集めた本にも書いてあったのですが、
含蓄ある台詞(生き方)の宝庫であるONE PIECEって、

現代の聖書

と申して誠に相応しいのではないかと。
そういえば我が周囲のONE PIECE好き(特に女性)って、
同じく『鬼平』も大好きな連中が多いのですわ。
相通じるものを感じ取っているんだろうな。

そんなこんなでまとめきらないけど、
今日思いついて書きたかったので氣が済みましたw
来週はONE PIECE62巻も発売だし、楽しみだなぁ。

ONE PIECE 62 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 62 (ジャンプコミックス)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。