So-net無料ブログ作成

 頂上疾走!!【仮面ライダークウガEpisode3&4「東京」「疾走」かんそー】 [仮面ライダークウガ!]

『オープニング主題歌2番歌詞の1フレーズ。
  実際、未だ頂上にあり続けるライダーとして君臨。
  彼を越えるヒーローが東映からは出てないのが残念。

亀のペースで続ける決意のクウガ感想日記。
6年も前のドラマを今さら発掘してる俺も暇人ですが、
オダギリジョーのブレイクぶりとクウガの名作ぶりは、
今だからこそもっと評価されるべき!な思いもあり、
今回は3&4話を好き勝手に語ってみたい!!

ちなみに連ドラでもアニメでも、
大体3~4話くらいで主要キャラが出揃うっていうか。
この「クウガ」でもそいつはごたぶんに漏れず、
長野県警から東京の警視庁に配属になった一条さんが、
これから共闘するであろう同僚&上司と初対面!!
さらに城南大学考古学研究室やら、
おやっさんと雄介のオアシス「ポレポレ」など、
主要な舞台が整ってきたのも今回のエピソード。
事実上スタートはここからと云って華厳の瀧、
もとい過言ではないのであります。

やはり今回(2話=1エピソードとして換算)の肝は2点。

①東京で本格的に人間狩りゲームを開始したグロンギ
②警視庁に配備された特別仕様のスーパーバイク、
  トライチェイサー2000とクウガ(五代雄介)の出会い

本格的に人々を守るために立ち向かうべき敵の出現と、
仮面ライダーの名に恥じない切り札の登場。
オンエア当時もこのエピソードにはかなり燃えたもんです。

まさしく1話1話が丁寧に制作されているのが伝わってくる、
これからどんな展開になるんだろうとワクワクしてましたが、
その予想はある意味で上回り、ある意味では裏切られ。
ただ「クウガ」という作品が唯一無二&頂上疾走するほどの、
輝きを未だ失っていないのは僕の中では既成事実。
早く次の巻もみなくっちゃと今さらながらに温故知新。

【ツボったポイント】
◎渋谷、新宿、池袋をうろつく未確認人間体。
  現代文明への反応が今後の行動と性格を表現してて、
  細かいながらもキャラ描写に唸ってみる

◎どっからどう見てもプレデター似の豹女

○ただ疾走してる特撮はガンバってるけど・・・仕方なし

◎初登場のバラ女に拷問されるコウモリおじさん
    しかも全裸にシーツまとってるだけ?な変態ルック
    一つ間違えたらたちまち深夜枠(笑)

◎バラ姐さん&一条刑事の因縁スタート

◎丸の内線「茗荷谷駅」付近で暴れる未確認ヒョウ女。
   てか地理設定マニアックすぎ!!

◎警察に銃口を向けられる4号(クウガ)のシーンで
  次回に続く・・・で4話へ

◎弾丸当たった箇所がかゆくて、とほざく脳天気な五代雄介。

◎3話冒頭の五代メモ=新型マシンゲットへの布石

◎「五代雄介!俺に着いて来い!!」

◎バイクの前で変身、そして搭乗、そして疾走。

△ただヒョウ女を追い詰める時のバイクアクションは、
  曲芸っぽすぎて凄いんだけどやや興ざめかも(-_-;

◎クウガに助けられた杉田刑事の呆気に取られた超ナイス表情。
  あのシーンでファンになってしまいました☆

◎クウガ=4号=五代と一条刑事のサムズアップ合戦!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。